teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


「With 遊」集合

 投稿者:砂岡茂明  投稿日:2017年12月12日(火)11時22分18秒
編集済
  志村一座の模様について、俊ちゃんの報告のとおりです。
興行終了後に撮った放研関係者の記念撮影です。
なお、前列の比較的若い女性は、紙芝居作家の山庭さくらさん
です。
 
 

お話カフェと忘年会その1

 投稿者:高橋俊次  投稿日:2017年12月11日(月)10時53分49秒
  「お楽しみ お話カフェ」と忘年会が9日、荻窪で行われました。放研からは砂岡、及川、近内、若尾、若尾夫人、志村、志村黎子、斎藤、内田、高橋(以上12期)、水上、柳田(13期)、中永弘子、原信子、荒井(14期)、中永(15期)の諸氏が参加しました。会場のカフェwith遊はほぼ満席の盛況でした。

※  朗読ー内田、紙芝居ー志村、惜別の歌ー及川、放研チーム奮闘!

会は童話作家の山庭さくらさんの自作の絵本の読み聞かせから始まりました。
そあとは内田達哉君の愛の詩の朗読です。素敵なBGMにのって時に朗々と時に切々と
詩を語りました。内田君のこのような姿と声を聴くのは現役以来です。
続いてシンガーでもあり、画家でもあるさえこさんが突き抜けるような澄んだ歌声で
3曲披露しました。
休憩の後、この集りのプロデューサーでもある志村弘昭君と那須克彦さんの落語紙芝居です。
「貧乏神」や「たのきゅう」などが披露されました。絵は勿論、志村画伯自作のものですが
紙芝居屋としての口演もなかなかのもので、観客の1人としては水飴でも舐めながら観たかったと
思いました。
最後は先程のさえこさんの歌唱指導で「みんなで唄おう」です。「スキー唱歌」など懐かしい唄を
みんなで3曲歌いました。
これで終わりかと思ったらリクエスト!という声がかかり、「惜別の歌」を歌うことになりました。
及川君がリードをしてくれることになり、3番までフルで歌いました。
終了後に放研組は記念撮影をして散会となりました。
爽やかなひとときを過ごす事ができました。

※  中華飯店で食べ放題・飲み放題忘年会

お話カフェ終了後、荻窪駅前の中華店で忘年会が行われました。
放研組は参加者全員がそのまま出席、山庭さくらさんがゲスト参加しました。
カフェのマスターが紹介してくれた店で料理がなかなか美味しくて食がすすみました。
何しろ放題なので次から次へと料理が運ばれ、もう食えないな、と思ったところで
焼そばが運ばれ、うーんと唸ったところへチャーハンが到着してイヤハヤでした。
アルコールの方は最近みなさんぐっと減ったとはいえ斎藤しゅーちょーの前には
紹興酒の徳利が林立していました。
まとまった話はなく、あれやこれやのワイワイガヤガヤで美味しい料理とお酒の
一夜でした。これで3千円は安いというのが一致した意見でした。
このあと話し足りない一群が駅前の喫茶店でダベり、1日の終わりとなりました。
この日の集まりを計画してくれた志村君と砂岡君に感謝します。
写真はその2にもあります。併せて見てください。では。俊記。


 

お話カフェと忘年会その2

 投稿者:高橋俊次  投稿日:2017年12月10日(日)18時30分29秒
  ここは写真のみです。
上ー忘年会、中ー出演者、会場の参加者。
 

高校生のダンス

 投稿者:砂岡茂明  投稿日:2017年12月 9日(土)11時35分21秒
  友人のブログで、高校生にダンス動画が紹介されていました。
高校生ダンスコンクールで全国制覇している、堺市にある大阪府立登美が丘高校という学校のダンス部です。
文科省では、平成20年に中学校保健体育において、武道・ダンスを必修としました。武道やダンスに馴染のない小生は内心苦々しく思っていたところです。
しかし、友人の「騙されたと持って観てごらん」という言葉につられてYou Tubeを開いてみました。
ダンスに対する偏見がなくなりました。
https://www.youtube.com/watch?v=Lxr9tvYUHcg
 

興行師

 投稿者:砂岡茂明  投稿日:2017年11月 2日(木)20時12分31秒
  志村君が漫画家、画家、紙芝居作家、DVDマニアから転じて遂に興行師に発展
しました。
12月9日(土曜)に東京・荻窪の「かふぇ&ほーる With遊」で「お楽しみ お話 カフェ」
と銘打って、イベントを企画しています。
先着30名ですので、参加希望の方は、お早めに志村興業までお申し込み下さい。
因みに私は既に申込んでありますが、他のお客さんで溢れるようなら、立見でOKと
言ってあります。
 

箱根駅伝

 投稿者:砂岡茂明  投稿日:2017年10月15日(日)11時23分20秒
    14日午前に予選会が開催され、中央大学は、3位で見事に本戦出場が決まりました。来年の1月2日、3日が楽しみです。
 3位と言っても予選会です。本選では、優勝に絡むなどと高望みはしませんが、シード権は確保
して欲しいです。
 予選会では、留学生が上位を占めました。駅伝留学生でなければよいのですが・・・
 六大学野球で東大が法政から勝ち点を取りましたが、この予選会で東大の近藤選手が59分54秒
の記録を出したのはお見事でした。
 

九州路 日向市から宮崎市・霧島市まで

 投稿者:具志  投稿日:2017年10月11日(水)18時02分38秒
  2012年12月16日(日)「民宿・船待」を9時頃出発し、国道10号線で日向灘に流れ出る耳川(みみかわ)河口に架かる美々津大橋を渡り、海岸線に沿って南下し、リニアモーターカーの実験線のある宮崎県中部にある都農町(つのちょう)方面に向かったが、視界には丘陵地に広がる畑が見えてくるだけでそれらしき施設を探し出すことが出来なかった。周囲には道を尋ねるような所もなく、やむを得ずそのまま、宮崎市内方面に向かう事にした。
日豊本線の日向住吉を過ぎる頃、近くに「フェニックス自然動物園」があることがわかり、行ってみることにした。

大きな樹々に囲まれた広い駐車場に車を停め、800円の入場料を払って園内に入ると緑の自然林の中に、いくつもの動物舎が見えてきた。13000㎡の園内には100種類程の動物が飼育されているそうだが「アフリカ園」にはライオンやキリン、ラクダ、シマウマ。「野鳥の森」にはインドクジャクや沢山の大型インコ。「こども動物村」にはミゼットポニー、ロバ、ヒツジなどが木柵の中に飼われており、子供たちには大変人気者のようだった。
最近では北海道の旭山動物園で毎年雪の積もる冬に行われている人気の「ペンギンの散歩」に倣ってここでは「ヤギの大行進」や「アジア象の散歩」を毎日、午前一回、午後二回行われているそうだがこれも又、入園者には大変人気が高いそうだ。
また園内の「遊園地コーナー」にはゴーカートやモノレール、メリーゴーランドなどもあり、子供たちには大変喜ばれているそうだ。そしてモノレールの走る下には「200mの流れるプール」があり、スリル満点の「ウォータースライダー(すべり台)」が3基あり、夏季には子供たちで大変賑わうそうだ。
流れるプールの隣にはカラフルな建物のレストラン棟があったが、私が訪ねたのは11時半を少しまわっていたが、日曜日の為か広い店内は若い家族連れで大変賑わっていた。

フェニックス動物園を出た後、宮崎県道11号線を南に走り、「神話のふるさと・宮崎」の阿波岐原(あわきがはら)に建つ江田神社と数々の神様が生まれたと言われる禊池(みそぎいけ)を訪れた。江田神社には二本のご神木があり、一本は社殿に向かって左側に植えられている招霊木(おがたまのき)で春に芳香の強い花が咲き、秋になれば赤い実をつける神木で、あとの一本は社殿の近くにあるクスノキだそうで、この神木に触れると強力なパワーが得られると昔から伝えられているそうだ。
ご神木のあるあたりから北に少し歩くと周囲を深い森に囲まれた禊池(みそぎいけ)と呼ばれる水辺があり、水面は蓮の葉に覆われていたが、池の手前には高さ1m程の「御幣(ごへい)」(“紙垂”(しで・注連縄や玉串に付ける特殊な断ちかたをした紙)を竹、又は木に挟んだもの)が立てられており、この一帯は緑に囲まれた神域であることを示していた。

江田神社を出た後、都城(みやこのじょう)方面に車を走らせ、雄大な霧島連山の麓に位置し、動物たちと触れ合うことの出来る観光牧場「高千穂牧場」に立ち寄り、牛や羊の放牧場を観たり牛の搾乳場を見学したりした後、宮崎県と鹿児島県の県境近くの霧島市にある霧島神宮に向かった。

国道223号線から右に曲がり、高さ22.4m、柱と柱の間16mの銅板製の大鳥居(一の鳥居)
をくぐり朱塗りの「神橋」前のロータリーを右に曲がり、桜や杉の樹木に囲まれた広い駐車場に車を停めた。駐車場の横から表参道に出て、そこからは7・8段の小さな石段を登り、朱色の大きな二の鳥居をくぐって玉砂利の敷かれた表参道を本殿に向かった。
途中、社務所の右手に低い木柵に囲まれた大きな招霊木(おがたまのき)があった。先程立ち寄った江田神社にも“神木・招霊木”があったがこの木は神霊を招く木として多くの神社の境内に植えられているそうだ。
社務所の前の参道を右に曲がり10段ほどの石段を登りきると朱塗りの三の鳥居が建っており、右手の杉木立の前に日本国歌に詠まれている「さざれ石(細石)」が40cm位の四角い自然石に囲まれた白砂利の上に置かれていた。この「さざれ石」は岐阜県春日村で発見されたものだそうで高さ1m、縦・横80×90cm程のもので、さざれ石の後ろに立つ石碑に書かれた説明文によると、この石の学名は「石灰質角礫岩.」というそうで石灰石が雨水に溶解してその石灰分を含んだ水が時には粘着力の強い液状態となり、地下において小石を集結して次第に大きくなって出来るそうだ。

三の鳥居から先は参道も立派な石畳に変わり左右には深い杉林が広がり正面には入母屋造り、屋根は銅板葺き、大きな唐破風の豪華な本殿が見えてきた。
朱塗りの本殿の前に立つと柱や天井に力強く彫られた彫刻は見事で漆の色も極彩色に施されていてすべてが本当に美しかった。

霧島神宮は天照大神から三種の神器と御神勅を頂いた「ニニギノミコト」をお祀りする社で「ニニギノミコト」は高千穂の峰に天下り(天孫降臨)天皇家の礎を築かれて日本民族の祖神といわれているそうだ。
ここは火山の麓にあるという立地のために噴火の巻き添えでたびたび炎上したらしいが現在の社殿は正徳5年(1715年)に島津吉貴の奉納により再建されたものだそうで広い境内は深い緑に包まれており朱塗りの社殿のあでやかな姿がとても美しい神社だった。

霧島神宮を出た時は16時を少しまわっていたが、予約をしていた宿に行く途中、時間に大分余裕があったのでJR都城駅周辺を少し見物してから今晩お世話になる「ユースホステル・サンフラワー宮崎」に向かった。

  上段の写真 禊池(みそぎいけ)
  中段の写真 さざれ石
  下段の写真 霧島神宮


 

第7回「おしゃれな街角スケッチ展」

 投稿者:砂岡茂明  投稿日:2017年10月 8日(日)19時02分9秒
  放研5期の岡村さんが所属している、「東京を描く市民の会」の展覧会が
明日から下記とおり開催されます。

会期:2017年10月8日(日)~14日(土)
   10:00~18:00(初日13:00から・最終日16:00まで)
会場:東京交通会館1F ギャラリー・パールルーム

 

放研65周年プラス12期会合(その4 止)

 投稿者:砂岡茂明  投稿日:2017年 9月27日(水)19時30分5秒
  (上段) 観世流能楽堂 GINZA6地下3階 観世流はもともと銀座一丁目付近に観世太夫の
    屋敷がありこの通りを「観世通り」と言っていました。150年振りに銀座に帰って
    きました。

(中段) 銀座シックスは新しいショッピイングモールで、私などはちょっと落着きません。

(下段) 室内楽と居酒屋のアンバランスも許されるのが12期でしょうか。

取り敢えず今回の写真レポートは終了です。

画像の上を左クリックすると画像は拡大されます。

http://chk12.info/frndg2/pkup7.html

 

放研65周年プラス12期会合(その3)

 投稿者:砂岡茂明  投稿日:2017年 9月22日(金)09時00分10秒
  (上段) 歌舞伎座ギャラリー①
      そろそろ喜寿でも童心にかえる

(中段) 歌舞伎座ギャラリー②
   大見得をはったり、音曲に挑戦したり

(下段) 銀座ライオンビヤホールは今も健在
    健啖家揃いの後期高齢者一行

画像の上を左クリックすると画像は拡大されます。
 

レンタル掲示板
/56