teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


私はどんな風に生きてゆくのかな。

 投稿者:たぬき  投稿日:2014年 9月 1日(月)17時41分14秒
返信・引用
  長い夏休みが続いていた。

9月になったということで、少しだけ気分が改まる。

新しい何かを待っている気分。

大義名分、価値あることだからでは動かないようにしている。
やりたいこと。楽しいこと。だからやろうという風にしてみようと思う。

とはいうものの、そればかりでは生きてゆけないこともある。

うまくバランスをとりながら、自然体を目指そう。
 
 

ずっと夏休み

 投稿者:たぬき  投稿日:2014年 8月 1日(金)05時47分44秒
返信・引用
  7月は、なんとなく夏休みのような日が続いた。毎日が、日曜日のような感じで、今日が何曜日なのかわからなくなる感じだ。

8月は、もっと本格的に夏休みになると思う。

のんびり、ゆったりとした時間が流れてゆく。今を楽しもうと、思う。
 

新しいシーズン

 投稿者:たぬき  投稿日:2014年 7月 1日(火)05時19分6秒
返信・引用
  6月20日に、パートナーのヒデさんが退職して、家で過ごすようになった。

この日のために、私なりに、色々と心の準備をしてきた。
断捨離をして、自分の今までを振り返った。
仲間と一緒に家でやっていたことを、場所を変えたりした。

そして今、二人で暮らす、この新しい生活の在り方も、面白いなと感じている。
 

振り返ってみる

 投稿者:たぬき  投稿日:2014年 5月26日(月)08時59分2秒
返信・引用
  ノート一ページが一カ月分の、我が家の一行日記というのをずっとつけている。

2011年からちょっと振り返ってみると、その時はわからなかったことが、今になって見えてきたりする。
この年は、ずっと体調が悪くて、メニエルっぽい感じで休んでいることが多い。今も続いている左脚の痛みもこの年から始まっている。
家族のことも揺れ動いている。辛かったなぁと今でも涙ぐみそうになる日々でもあった。

東日本大震災とリンクしていることをしみじみ思った。つながっていると感じた。
 

夜の親睦会

 投稿者:たぬき  投稿日:2014年 5月 9日(金)08時18分29秒
返信・引用
  昨日は、紙芝居「ころころ座」の仲間で、初めて夜の親睦会。
いつも行っているランチとは違った雰囲気で楽しかった。

「ころころ座」は、今年になって、活動の幅が広がってきた。6年間続けてきて、みんな上手になってきて、どこへ出かけて行っても、その場に、楽しさとわくわくする喜びを実現できるようになってきた。
そのことが嬉しくて、仲間とちょっとだけお酒を飲んで、しみじみとした気持ちになった。
 

ゴールデンウィーク

 投稿者:たぬき  投稿日:2014年 5月 4日(日)18時40分19秒
返信・引用
  連休の前半は、山形で過ごしました。

義父がお世話になっている、老人ホームに行った時、ちょうど手足を動かしたりする体操や、ゲームをやっていたので、最後に飛び入りで、みなさんと歌を歌わせていただきました。
その時、それまで表情がなかった父が笑顔で手拍子をしてくれて、すごく嬉しかった。
「ころころ座」でいつもやってきたことが、役にたちました。

それから、義母と三人で、新庄で、桜を見て、最上川の舟下りを楽しんで、肘折温泉で一泊しました。

 

桜咲く 喜びが咲く 空の下

 投稿者:たぬき  投稿日:2014年 4月 1日(火)08時17分4秒
返信・引用
  昨日は友達と、鞍ヶ池公園で、お花見をした。

7割ぐらいの感じだけど、所々に満開の桜もあって、桜の美しさを満喫した。

それと同時に感動したのは、空の青さだった。めったに見られないような、澄み切って、鮮やかな美しすぎるスカイブルーだった。心に響いてくる空の青さだった。

 

天使の訪問が終わって

 投稿者:たぬき  投稿日:2014年 3月13日(木)08時11分54秒
返信・引用
  天使が五日間、我が家を訪問して、昨日の夜、次の訪問先へと、旅立っていかれた。

目には見えなかったけれど、特別な波動を感じたわけではなかったけど、確実に天使は我が家に滞在し、私の三つの願いをかなえてくださるために、働きかけをし続けていてくださったことを、まぎれもない事実として体験した。

それは、ひらめきや気づき、ラッキーな偶然のできごととして、もたらされた。
そういうことは、私の日常では、めずらしいことではないけれど、いつもとは、なんとなくニュアンスが違って感じられたのだ。

天使と過ごす五日間の間は、ろうそくに火を灯し続けたのだけど、その火を見ると心が和らぎ、幸せな気持ちになった。昨日は、天使のすすめに従って、ビデオにとっておいた「ペイフォーワード」を観て、感動の涙を流した。
ラストに流れる歌が心に沁みて今ここで、天使に抱かれているような感じがした。

天使が行ってしまったら、なんだか家の中から少しだけ、やわらかさが薄らいだように感じた。
 

今日は気功の日

 投稿者:たぬき  投稿日:2014年 3月 8日(土)14時21分32秒
返信・引用
  今日は、気功の会があった。久しぶりに、「香功」をやった。
この気功は、色々なパターンで手を動かす気功で、その時何かの香りがすることがある。

そして、やり始めたところ、あれ、いい香りが。でも、ちょっとまてよ、この香りは、、、

さっき付けた、バラの香りのするハンドクリームのにおいだ。

なーんてことで、笑ったりしながら、楽しくおしゃべりしながら、やれるのが、この気功のいいところだ。
 

春を感じる

 投稿者:たぬき  投稿日:2014年 3月 7日(金)07時31分48秒
返信・引用 編集済
  庭の梅の木は、満開だ。 紫色のクロッカスの花も、咲き始めた。
先日、ふきのとうの天ぷらを食べた。 少しずつ、春のおとづれを感じる。

自分の体の中で春の感じがするところはどこだろう。
たとえば、子宮の中の暖かさ、やわらかさを感じてみる。
その心地よさは、たとえば、あたたかい春の空気感ににているかもしれない。
さらさら流れる小川のおと、鳥達の声、やわらかいみどりの芽、新しいいのちが産まれ育ち始める時のいとおしい感じ。

体の五感を総動員して、春を感じ、春を味わい、春に包まれ、春にひたって、春と交流してみよう。
その喜びを体中に、心の中に、広げていこう。どまでも、どこまでも。

すべてのものと一つになっていく喜びへ向かって。

万物と春をなす。とはそういうことかな、と、ふと思う。

 

レンタル掲示板
/25