teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


西日本災害

 投稿者:砂岡茂明  投稿日:2018年 7月17日(火)19時19分13秒
  日を追うごとに、惨状が見えてきます。
猛暑、水不足や細菌との中での復旧はすごく大変だと思います。
ボランティアも多く手伝っているようです。地元の高校野球部の生徒が
手伝っているとの報道もありました。大学の運動部などで協力するところ
はないのでしょうか。
ボランティアは、災害時にはとても頼りになるのですが、個人の場合は、
受入側がとても苦労する例が多く、極端な場合は、来てくれることが
迷惑になる場合もありえます。
その点、引率者が統制できる団体でのボランティアは本当に力になります。
そんなな活動の輪が広がることを祈っています。
ところで、インターネットで話題になっている「自民亭」は酷いものですね。
気象庁が、異例の「これまで経験したことのない大雨」会見をしている時に
永田町で酒盛りをやっていて、その様子を得意げにツイッターに投稿したのには
呆れてしまいます。
「自民亭」で、検索してみて下さい。

https://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&ei=jcJNW-bdNYKF0QSBlZeQAg&q=%E8%87%AA%E6%B0%91%E4%BA%AD&oq=&gs_l=psy-ab.1.0.35i39k1l6.0.0.0.2108.2.1.0.0.0.0.0.0..1.0....0...1..64.psy-ab..1.1.101.6...102.Y8_VdelTZkw

 
 

大雨特別警報

 投稿者:砂岡茂明  投稿日:2018年 7月 8日(日)10時52分20秒
  7月7日は七夕。夜空には天の川が流れ、織姫と彦星が年に1度の逢瀬を楽しむ日という
ように、詩情あふれる祭日ですが、今年は、気象庁曰く「これまでに経験したことの
ない」特別警報が西日本各地に発出される大雨災害が発生しました。

特に酷かった中国地方ですが、富岡君(岡山市)、菅根さん(岩国市)、徳原君(周南市)は、
全員無事で、家屋等の被害も無かったようで、一先ず安心ですが、災害対策の必要性が
痛感されます。

我が家では、断水に備えて
トイレ排水用:風呂に入った後は、水をそのまま溜めておき、翌日入浴する前に、庭に
       撒くか排水することにして常時溜めておく。
調理用水  :飲料水用ポリタンク(10L用1,000円、20L用2,000円程度)に保管。
       給水所に水を貰いに行くときにも便利です。(携行用には10L用がお勧め
       です。)
飲料水   :スーパーの特売で2L×6本(500円位)を二箱常備です。

我が家は、戸建てで多少の庭もありますので、水洗トイレが使えなくなった場合は、穴を掘って臨時トイレの設置も可能ですが、マンション住まいの場合は、トイレが問題のようです。

 

ブラバン サマーコンサート

 投稿者:砂岡茂明  投稿日:2018年 7月 2日(月)14時37分41秒
  7月15日(日曜)14時半から、八王子のオリンパスホールで中央大学吹奏楽部の
サマーコンサートが開催されます。真夏のひとときをブラスの響きを楽しんで
みませんか。今のところ、齋藤と砂岡が参加予定です。参加希望の方は、砂岡
まで連絡して下さい。

http://www.chuobrass.net/announce.html#a33

 

関くんから

 投稿者:砂岡茂明  投稿日:2018年 6月24日(日)10時19分51秒
  いろいろとお心遣い有難うございます。
正勝君の屋根はさておき、私共はほとんど被害は無く、
心苦しく思っております。
それでも大地震以降、5~6回短時間の余震があり、昨夜も
余震で夜中に目を覚ましました。
この程度で終息すれば良いなあと思っています。
本当にご心配をお掛けし、申し訳ありません。

                    関

http://chk12.info/

 

小山君から

 投稿者:砂岡茂明  投稿日:2018年 6月23日(土)13時43分11秒
  被災のその後をメールでお知らせ戴きました。ご本人の了解を得ましたので
転載します。

【小山君から2018.06.23午前受信】
ご心配おかけしました。
昨日、最後まで残っていたライフラインのガスが復旧し
ようやく人並みの生活が戻りました。
ただ、軽微な揺れですが余震があるので心配は続いています。
この四日間ほどの被災者生活の一端を紹介します。
同じ高槻でも、地域によってライフラインの被害に差があり
我が家では、電気は当初からセーフ。ガスはアウト。水道は
マンションの貯水槽のおかげで暫くセーフと言った具合でした。
水が出ている間に浴槽に(180リツターほど)を水を張りました。
普段飲んでいるミネラルウォーターの空きボトル数本にも水を貯めました。
バケツに汲んだ浴槽の水で一回だけトイレを流しました。
ガスが止まって煮炊きができなかったのですが、電気が生きていたので
電気ケトルでお湯は沸かせました。電子レンジも使えました。
風呂がダメなのでケトルで沸かしたお湯で体を拭く経験をしました。
一昨日スーパー銭湯に行き疲れと垢を流しました。
教訓 ●カセットコンロがあると便利(コンロ一台とボンベ2本残ってました)
      ●紙のお皿とコップがあると便利(洗わずに捨てられます)
    お皿にラップを敷いて食べ物を載せても洗わずに済みます。
   ●軍手かすぐ使えると便利(少しですが、グラスやカップなどが落下して割れ
    破片掃除の時役に立ちました)
何かの参考になれば幸いです。       以上小山拝

http://chk12.info/

 

改めて地震お見舞い申し上げます。

 投稿者:河口友彦  投稿日:2018年 6月20日(水)20時36分38秒
  遅くなりましたが関様、小山様、鈴木正勝様 地震お見舞い申し上げます。
当日お三方には電話が通じず、砂岡兄より皆様の状況を教えていただきひとまず安心しました。
思い起こすのは阪神淡路大震災の事です。当時大阪に勤務しており物凄い揺れを桃山台の社宅で経験いたしました。茶ダンス潰れるは本箱は倒れ足の踏み場もありませんでした。サラリーマンの性でとにかく会社が気になって何が何でも行かねばならぬと社宅を飛び出しました。御堂筋線が完全にストップしたため、混雑する新御堂をチャリンコで肥後橋の会社にたどり着きました。
途中は今回の映像で人波が長い行列を作っていましたが、全くそれと同じでした。とても寒い朝だったように記憶しております。会社に入ったのですが、エレベーターは止まったままで9階の事務所まで階段を昇りました。事務所内に入ると机は引き出しがすっ飛んで足の踏み場もありません。社員も5名ほどしか出てこれず休業状態でした。それから復旧するまでの長かったこと。
今回高槻方面の被害が大変だったようですね。まだ余震や梅雨の豪雨にも気を付けてください。又いつ我々に降りかかるかも知れませんので備えおこうと思います。
 

地震見舞いありがとうございました

 投稿者:suzukimasakatu  投稿日:2018年 6月19日(火)19時20分14秒
  *昨日今日と、テレビ・新聞は「高槻」の文字が踊り、すっかり全国区の「ま
ち」になりました。ひょっとして「大阪高槻大震災」と命名されるかも?しれませんね。まあこんな冗談を言える位ですから我が家の被害は甚大とは言えず、義援金を頂くほどでは有りませんでした。とは言うものの、両隣りはじめ、屋根の被害が多くブルーシートが目につきます。
・教訓① 瓦屋根は地震に弱い。特に阪神大震災後の建築基準に適合してない家は弱い。
   ② 隣組付き合いを大切に!朝の挨拶プラスαの会話をこころがけましょう。
   ③ 水の確保を忘れるな。非常時用のリュックを枕元に!
   ④ 静岡県の友人から情報=日本のトイレットペーパーの大半は静岡県富士市で生産されている。もし駿河湾~東海地方沖で地震が発生した場合、富士市には20メートルの津波が押し寄せ製紙工場の大半は水没する。やや大袈裟な感じもしますが、静岡県人は1年分のトイレットペーパーを確保しているそうです。
寺田寅彦の名言通り「災害は忘れた頃に”絶対”やって来ます」 月曜日の砂岡氏の言う通りです。 
 

地震

 投稿者:砂岡茂明  投稿日:2018年 6月18日(月)18時51分53秒
  高槻在住の三人には、怪我などありませんが、それぞれに被害があったようです。
ガスが止まっている。水道水が濁っている。食器棚から食器が少し落ちて割れた。
いちばん酷かったのは、四分の一程度の屋根瓦が崩落した家です。防水シートの
手配は終わっているようですが、降雨までに間に合うことを祈っています。
気象庁によれば、余震の心配もあるとのことなので、まだまだ心配です。
しかしながら、地震列島に住んでいるわけですから、地震はどこでも発生します。
「備えあれば憂いなし」今一度点検しておくことに越したことはありません。

http://chk12.info/

 

大阪北部地震へお見舞い

 投稿者:北上 尊司  投稿日:2018年 6月18日(月)10時38分58秒
   今朝、テレビから出る地震警報音に驚き、画面を見ていると大阪北部で地震が起き、震度6弱と表示が出ました。地震による大きな被害が出ないことを祈るばかりです。
 特に高槻市に住んでいる同期が多いので、その地名がでるたびに大丈夫だろうな!と案じています。
 地震に合われた皆様には心からお見舞い申し上げます。
 

鹿児島市から指宿、JR西大山駅、枕崎、JR川内駅(せんだいえき)まで

 投稿者:具志  投稿日:2018年 6月12日(火)18時48分53秒
  今日は朝からずっと米朝首脳会談の話題で持ち切りでしたが、今NHKの6時のニュースを見ていたらトランプさんは記者会見で拉致問題についても安倍総理との約束通り話題にしたとの話があって、ひとまずは安心しましたが、これからが大変だと思いました。

2012年12月19日(水)。 鹿児島湾(錦江湾)に沿って鹿児島県内の北東部および桜島全域を市域とする人口約60万7千人を有する鹿児島市の玄関口で、九州新幹線、鹿児島本線、指宿枕崎線と三路線が乗り入れている「JR鹿児島中央駅」東口の駅前広場は、天文館(鹿児島県最大の繁華街・歓楽街の総称で、一帯は繁華街と歓楽街が隣接し、一大商業、娯楽エリアとなっている)や観光地へのアクセスに便利なバス、市電の乗り場が整備され、2004年9月に開業したという複合商業ビル“アミュプラザ(JR九州系列のファッションビル)”へと直結されており、屋上に作られた直径60mと言われている大観覧車もこの駅前広場からも見ることが出来た。
そして中央駅正面には、幕末に、進んだ西洋の技術を学ぶために、幕府の鎖国令を破って英国に留学させた19名の学生たちをモチーフとして昭和57年3月に作られたという高さ12.1mのモニュメント像「若き薩摩の群像」が建てられていた。

鹿児島中央駅前からすぐ近くを流れる甲突川(こうつきがわ)に架かる高見橋を渡り「市電谷川線」に沿っていづろ通りを北東に、そして天文館界隈を過ぎ、いづろ中央交差点を左折、照国通りを少し北西に走って鶴丸城跡近くにある「西郷隆盛銅像」に向かった。

車窓から見る銅像は国道3号線の中央公民館と市立美術館前の交差点との間の左手に道路より5m程高くなった傾斜地に建てられており、像の前は綺麗に手入れされたつつじの植え込みが広がり、左右と背後は常緑樹の樹々、そして更にその奥は標高107mの城山に自生する雑木林に囲まれていた。
石の台座の上に立つ西郷隆盛像は高さが8m程あるそうだが凛々しい陸軍大将の軍服姿だったので、着流し姿に愛犬の薩摩犬ツンを連れた上野公園に立つ西郷隆盛像とは趣が大分違っていたので、ちょっとびっくりさせられてしまった。

西郷隆盛像からさほど離れていない所に鶴丸城跡(鹿児島城)があった。
島津家の居城だった鶴丸城は今では石垣と濠と石橋が往時の面影を残すのみだった。本丸跡は現在「鹿児島県歴史資料センター」になっていたが、島津斉彬の養女となった篤姫が江戸へ輿入れする前の数か月間をここの二の丸で過ごしたそうだ。

城跡の裏手、岩崎谷付近にある城山への登り口で、亜熱帯植物のシダや蔦が生い茂る城山の岩壁に、ひっそりと佇む大きな岩穴が三つ、そこを覆いかぶさるように垂れ下がった樹々の下に目にすることが出来た。明治10年に起きた西南戦争で西郷隆盛率いる薩摩軍が政府軍に追いつめられた城山攻防戦の際、最後まで薩摩郡の指揮をとって立て籠もった「西郷隆盛洞窟(入口の高さ2.5m、間口3m、奥行き4m)」だった。この洞窟で5日間を過ごした後、明治10年9月24日未明、山を下り敵陣に向かう途中、岩崎谷の入口付近で西郷隆盛は政府軍の銃弾を受け、その場で薩摩藩士、別府晋介の介錯によって最期を遂げたそうだ。

城山を出て国道10号線を北北東に10分程走り、日本の近代化を支えた島津家ゆかりの「旧鹿児島紡績所技師館(異人館)」に向かったのは12時を少しまわった頃だった。
1867年(慶応3年)薩摩藩によって創設された鹿児島紡績所は英国から紡績機械150台余りを購入し、その際、優秀な技師も7人招聘して原料の綿花はおもに関西方面から買い入れ、一時は職工300人余りが携わり、綿糸と白木綿、縞木綿を生産し、出来上がった織物は主に関西方面で売却されていたが、明治10年の西南戦争でこの紡績所が建つ磯地区は大きな被害を受けたそうで、その頃には機械の故障も度々起こり、資金繰りも厳しくなり、企業としては不振を続けており、明治中期になると外国製糸の大量輸入により国内の製糸業界が圧迫されるようになり、危機感を持った明治政府は官営紡績工場を次々と設立して民間に払い下げたそうで、その頃から鹿児島紡績工場も経営が圧迫され、ついに1898年(明治31年)に閉鎖されたそうだ。

「旧鹿児島紡績所技師館」は鹿児島紡績工場が建設された際、工場の指導者として来日したイギリス人イー・ホーム等7名の宿舎として建てられたものだそうで、白ペンキ塗り木造二階建てのモダンな西洋館は幕末から明治初期における西洋建築物の一つで、二階部分の外側、周囲四面は建物を囲むように回廊になっており、窓はすべて透明のガラスが張られ、内装も豪華で天井や内壁にもクロスが張られ、お洒落な照明器具が設置されており、館内には当時を物語る写真や資料も数多く展示されており、建物は貴重な建造物として国の重要文化財になっているそうだ。

旧鹿児島紡績所技師館を出たのは午後1時少し前だった。ここからJR五位野駅までのおよそ20kmは鹿児島湾に沿って国道10号線と225線を走り、そこから先は国道226号線を乗り継いで指宿までの約30kmを南下し、更にそこから12km程西に走り、「JR西大山駅」に向かった。

JR日本最南端の駅、西大山駅の北側には小さな漬物工場が一軒あり、併設する観光案内所を兼ねた直売所ではカレーライスや親子丼も食べられるそうだ。
のどかな駅の周囲には畑が広がり、西側には、ここから20km程離れた所にある見事な円錐形をした標高924mの火山、山容から薩摩富士と呼ばれる開聞岳を観ることができた。
無人駅で駅舎のないホームの西の端には「JR日本最南端の駅、北緯31度11分」と書かれた2.5m程の高さの白い三角柱が立てられていた。
この駅の2011年の一日平均乗車人員は49名だったそうで、ホームに立てられていた時刻表と運賃表の案内板によると、現在の西大山駅の発着列車数は上りの指宿・鹿児島方面行きが8本、下り枕崎方面行も同数の8本だった。

西大山駅から先程走って来た国道226号線に再び戻り、西に35km程走り、人口2万3千人の枕崎市の玄関口、JR枕崎駅前に着いた。時計は午後5時を少しまわっていた。枕崎駅は本土最南端の始発・終着駅で、本土最北端の駅、北海道・宗谷本線の稚内駅までの鉄道縦断距離が3099.5kmあるそうだ。

「九州一周海岸線の旅」で薩摩半島走行の計画段階では、枕崎から先はここから西に20km程走り薩摩半島の東側に出て、更にそこから50km程北上し、野間岬に向かい、そこから先は海沿いに東に走り、南さつま市の竹田神社付近を通り、国道226号線と270号線の交わる南さつま市役所前に出てから一気に北上し、日置市を抜けて薩摩川内市(さつませんだいし)に行くつもりでいたが、枕崎駅に到着するのに、思っていたよりも意外と時間がかかってしまった。

野間岬までの海岸線は東シナ海に面したリアス式海岸の為、ヘアピンカーブが多く陽が落ちてからは、景色も見ることができないし、更に夜道の長距離運転は少し危険と判断して、枕崎から先はショートカットをして無難に走ることが出来そうな道を選んだ。
そして、JR枕崎駅前から北に走る国道270号線で内陸に向かい、南さつま市を抜け、鹿児島県の中央に位置する日置市を通り、鹿児島県の北西部に位置する薩摩川内市のJR川内駅に向かった。

川内駅に着いた時には陽もとっぷりと暮れ、時計の針は19時50分を指していた。駅前の樹々に飾られたイルミネーションの灯がとても美しく輝いていた。
駅前の駐車スペースに車を停め、「九州新幹線」「鹿児島本線」「肥薩おれんじ鉄道」の三路線が乗り入れている川内駅を少し覗いて見ようと思い、二階建てのモダンな駅舎に足を踏み入れてみると入口近くのロビーに置かれた、縦が2m、横が3m位の大きな額に収められた「川内大綱引き」の絵看板が目に留まった。
上半身裸の威勢のいい若者たちが太い藁縄を激しく引き合っている大きな写真が真ん中に貼られ、左側には400年以上も前、関ケ原の戦いの前に薩摩藩の士気を鼓舞する為に始められたという“川内大綱引き”の伝聞を基にそのいわれやルールが書かれた説明文と右側には今年9月22日(土)に行われた時のスケジュール表が書かれており、それを読んでみると、藁で編まれた長さ365m、直径35cm、重さ7トンもある大綱は開催当日の朝から7時間位の長い時間をかけて、参加する市民たちが青年を中心にして藁を編み、夜の8時から国道3号線でオープニングセレモニーが始まって、その後、三千人あまりの元気な若者たちが中心となり大綱引きが始まるそうで、10時過ぎには終了するそうだが、大きな額の隣には川内大綱引きに使われた藁綱の一部分が、紅白の幕で囲んだ5m程の大きな台の上にのせられて展示されていた。
入口付近の忙しそうに人が行き交う構内を10分程散策した後、今晩予約をしていた「東横イン・薩摩川内駅東口」に向かった。

  上段の写真 鹿児島市電と「若き薩摩の群像」
  中段の写真 旧鹿児島紡績所技師館
  下段の写真 日本最南端の駅、西大山駅


 

レンタル掲示板
/59