teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


あめぞうのことを知ってほしいです

 投稿者:a  投稿日:2020年 8月16日(日)03時54分38秒
返信・引用
  下のURLにあめぞうの情報がありますのでそれを見て知ってください
あめぞうさんという方のためにもどうかお願いします
http://resistance333.web.fc2.com/newpage1.htm
http://tiyu.to/1ch_08.html

↓私の掲示板です
https://9207.teacup.com/aaaa/bbs
 
 

久しぶり

 投稿者:たぬき  投稿日:2018年 9月 4日(火)21時04分17秒
返信・引用
  今日の台風は風が強かった。庭に置いてある狸の置物が倒れないように、あらかじめ横にして、陰のほうに避難させた。  

メディスンウーマン

 投稿者:たぬき  投稿日:2016年11月 9日(水)19時23分39秒
返信・引用
  今日、セドナへ行った時のことを書いたメルマガを発行した。
面白可笑しく書きたいと思っているのに、どうしても、まじめな内容になってしまう。

シャーマンに憧れていた私だけど、今回、本物のシャーマンのワークを体験したことで、自分が色々やってきたことにも、シャーマニズム的な要素があったことがわかった。

 

北海道にて

 投稿者:たぬき  投稿日:2016年 7月25日(月)07時55分5秒
返信・引用
  今、北海道。
23日は、父の入所している、ホームで「紙芝居」を演じました。
そして、昨日から、十勝のガーデンめぐり。
十勝川温泉に泊まって、今日は、早朝熱気球を体験しました。
 

久しぶりだなぁ

 投稿者:たぬき  投稿日:2016年 7月10日(日)11時26分7秒
返信・引用
  ここに来るのは久しぶりだ。最近はフェイスブックとか、ラインとかで仲間と交流することが多いので、ここに来て一人でのんびりするのもいいなぁ。

この4か月の間に色々あった。
衝動的に始めたフラダンスも、五月まででやめた。やることが色々あって、続けられなくなったから。
キャラクトロジー心理学のベーシックマスターになって、それを人に伝えてゆくことをスタートさせたので、そのことに関する学びに時間がとられるようになった。
それは、面白くてやりがいのあることだ。

今年になって、山形には5回行っている。もうすぐ札幌に行く。親との交流も大切にしたい。

密度の濃い日々が、スゴイ速さで過ぎていく。

今日は選挙に行ってきた。
日本が平和であることを祈り続けている。
 

けんじゅうこうえんりん

 投稿者:たぬき  投稿日:2016年 3月 4日(金)08時23分28秒
返信・引用
  昨日は、6年生のクラスで、紙芝居を演じた。

宮澤賢治の「けんじゅうこうえんりん」は、私が小学生の時、教科書に載っていた話で、その時とても心に響いた、私の好きな作品だ。
生徒も先生も集中して聴いてくださって、演じる私も作品の世界に入って、感動した。
共感の世界を体験して幸せな気持ちになった。
 

魂のぬりえに導かれて

 投稿者:たぬき  投稿日:2016年 2月 6日(土)13時34分27秒
返信・引用
  今日メルマガを発行した。
色々あって、一区切りということで。

タッチドローイングの塗り絵がある。スタートは、タッチドローイングの会場で、三枚ぬった。
それから、その時々に心にあることにリンクする絵を選んで、ぬっている。

はじめが、「マスクをはずす。」そして、「ギフト」「観ること。聴くこと」「共感」
そして、それらの絵が、その絵のテーマとなる現実をサポートしてくれたりする。
それらの絵は、フェイスブックに載せている。
熊の絵にも助けられたけど、この不思議な塗り絵がなんだか面白い。

 

熊の突っ込み

 投稿者:たぬき  投稿日:2015年12月 1日(火)16時20分14秒
返信・引用
  先日体験したタッチドローイングのことをメルマガに書いた。

何も考えずに、手の動くままに、そしてふと思いついたことを、描いてゆくことで、自分で気づけないことに気づける。
誰かに占ってもらうのでもなく、自分で自分自身の心の奥につながって、自分で答えを導いてしまうというところがいいなと思う。

「十分すぎるくらい、力はあるのだから、もういいかげん、自分を信頼して踏み出しなよ。」と巨大な熊に言われた感じがする。

じつは、色をつけた絵はもう一枚ある。それは最後に描いた自分の顔の絵だ。
目がぱっちりで、ちょっと美しくなりすぎたこちらのほうは、今の自分との落差があって、どうもまだちょっと、素直に受け入れるのにかすかな抵抗があったりする。(熊ならいいのかよ。と突っ込まれそうだけどね。たぬきから熊のほうが違和感ないんだよね。ふふふ)

 

観客の皆さんありがとう

 投稿者:たぬき  投稿日:2015年11月 8日(日)17時41分16秒
返信・引用
  今日は、地域の交流館祭があった。私も紙芝居サークルの一員として、仲間と一緒に紙芝居を演じたり、手遊びをやったりして楽しく過ごした。

私の持って行った「まんまるまんま・たんたかたん」という紙芝居が子供たちに好評で、アンコールやリクエストがあって、三回も演じた。

最近ちょっと疲れ気味で、低潮期だったのに、大きな声で紙芝居を演じているうちに、どんどん元気になってきた。

「お客様は神様です。ありがとうございます。」っていう気持ち。
 

アロハー

 投稿者:たぬき  投稿日:2015年10月19日(月)22時29分49秒
返信・引用
  今日、フラダンス教室の体験に行った。

思いがけずに、歩いて行けるところに教室があって、雰囲気も良かったので、ここで習うことに決めた。
二人の友達も、一緒に始めることになって、賑やかで楽しい。

やりたいと思ったことは、即やってみる。ハワイに行ってから、ますます、そうすることに迷いがなくなった。

野崎友璃香さんの「イルカが教えてくれたこと」という本の中に「やりたい。けど、やらない」のは、自分を大切にしていないこと。「常識」や「世間体」や「年齢」を言い訳にして、自分を枠に閉じ込めるなんてもったいない。
と書いてあった言葉が、心にひびいています。


 

レンタル掲示板
/26